★著作権について

昭和の良きかほり(ほのぼの)【がんばれ諸星くん】夏來ジッポ

堕ちたって字これで合ってんのかこれw

諸星くんっていかにも金持ちそうな名前だよねw

諸星くんが 女子のこと

「蜜蜂ちゃん」って呼ぶの噴くwww

金髪は~の礼一郎さんみたいな人だなあw

メスの部分も認めてやれよ【金髪は紳士がお好き】よつあし
表紙www 出オチwww東京タワーww いいとこに住んでんな~ この表紙「こういうコンセプトで・・・」って話になっ...

女子1「諸星く~~~~~ん!!今日こそあたし達と一緒に帰って~~~~~!!」

女子1「ってあれ!?もういない!?」

女子2「校門よ!全員校門で出待ちするのよ!」

出待ちwww

ちょっと昭和の少女漫画っぽい雰囲気がよかったですww

粗チン×ショタコンおじさん【ショートタイプコンプレックス】懐十歩
もーーーー自分この表紙大好きなんです! 帯めっちゃ笑うwww あんまり1枚絵には興味を示さない自分ですがこの表紙は本気で...

電子書籍

エロ なし

スポンサーリンク

がんばれ諸星くん

春色ってなんだよwww

www

女子「王子!今日ね 授業で筑前煮作ったの・・・
よかったら食べてくれる・・・?」

筑前煮?

クッキーじゃなくて、筑前煮?

wwww

王子も「いいのかい?僕筑前煮大好きなんだ」

じゃねーよwwwツッコミ不在ww

王子伝説:「この間足を怪我したおばあちゃんを背負って隣の県まで歩いたって話聞いた?」

やめてくれ、腹がよじれるww

で、王子はこんなんで女子にモテモテだから、男子にはさぞ恨みを買ってるのかと思いきや

男子「あそこまでいくとすげえ」ってそんなに疎まれてないところが面白いw

そしてどんな蜜蜂ちゃんたちより塚本くん(受け?)のことが気になる王子可愛かったです。

バタターッ(鳩)

www

塚本くんは柔道部のゴリマッチョのことが好きで、遠くから見てるだけだったんだけど

諸星くんはその隣にいた美人マネージャー(女)のことが好きなんだな!?って勘違いして

いろいろ恋テクを伝授するんだけど

スーツで正装アタックしにいくの笑ったw

学校でわざわざ制服→スーツに着替えて花束持って出待ち(部室)してるんよww

シュールwww

塚本くんが好きなのはマネ(女)じゃなく、主将(ゴリマッチョ)だって知って

諸星くん(ん・・・?僕のテクは女の子専用だから・・・
男に通用するテクは僕も知らない・・・

ど~~~~~しよう!!)

で終わる1話、可愛かったww

王子も、好きなのって男かよ!?ってドン引きしないで

男相手のアタック方を真面目に考えてくれるところがすごい優しいし、

一緒に柔道部に入部してあげるんだよ!w

可愛いよねww

一緒に入ってくれるだけでも十分なのに、王子「次はなんとか2人の距離が近づくきっかけを作らないと!」って本当に優しさだけで動く王子、もうマザーテレサみたいな所業

もう王子の2人を近づける作戦がすごい緻密に計算されてて笑っちゃったもんww

(無事 可愛がりたい後輩に昇格・・・!)

(計画通り・・・!)

みたいなねwww

「もっと肉つけたほうがいいぞ」って主将に触られて(性的な意味でない)勃っちゃうの必死に我慢してる塚本くんがすっごい可愛かった・・・!!

諸星くんは2人をくっつけるために頑張ってたはずが

いつの間にか主将に対して嫉妬するようになっちゃうんだよね

ベタだけど、かわいいよねw

っていうか王子、デフォルトで目が星なんだwww

ここぞ!というときだけじゃなくて、デフォで星なんだww

う~んでもこれ柔道部に入って先輩に近づいたのはいいけど

組み合ってる最中に勃っちゃってドン引きされちゃう展開なんじゃないかなあってハラハラした・・・

王子(ただ寝技の練習をしてるだけなのに
こうもいたたまれない気分になるものか・・・)

わかるwww好きだってわかってて第三者の立場から見てるとねww

なんかね、王子が2人のために 頑張るのはすごい微笑ましいんだけど

頑張りすぎてて ちょっと見てて切なくなっちゃったね

応援してくれてありがとうとかじゃなくて、

塚本くん「主将を好きになることを・・・
肯定してくれてありがとう」って言うのがよかったなあ

そうだよね まずそこからだもんね<肯定してくれる

入手困難な全国大会のチケットを入手→

王子「塚本くんと2人で行ってきてください」って主将に渡す→

「チケットは僕からじゃなく、主将からだと言うことにしてください」って言う王子がもう、、

もう、、

主将と塚本くんがうまくいくのを誰よりも望んでたのに

いつの間にか、うまくいってる2人を見るたびにモヤモヤしちゃう王子がすごい可愛かったw人間らしくて

ゴリ男が好きな塚本くんである

え~~~~~キスアクシデントええ~~~~~~!!うわあ~~~~~~~

ほんと タイミングが!!

人混みで事故的に顔がぶつかってしまったみたいな感じねw

主将にフラれた足で諸星くんに電話して、そのまま王子「心配だから今日は泊まっていってくれ」

!?ってなってもうこの2人がくっつくべきだ。。って思った・・・w

塚本くん、そのまま諸星くんちに泊まる→

諸星くんちから「休みます」って学校に電話する→

王子「学校には連絡した?じゃあお家に帰ってもいいし うちで気兼ねなくのんびりしててもらってかまわないよ」

・・・!?萌えがやばいw

キスアクシデントのとき、塚本くんはテンパって「主将に拒否された」「気持ち悪いって言われた」「嫌われた!」と思ってたんだけど

実際は

主将「だって俺みたいなのとキスまがいのことしたなんて気持ち悪すぎる
申し訳無さ過ぎるだろ・・・?

俺だったら唇取れるまで洗うわ・・・」

wwww

取れるまでwww

自分も主将のこと誤解してたごめん!w

「気持ち悪い」「すまん」は、塚本くんに言ったわけじゃなくて、俺みたいなのと事故でもキスしちゃって気持ち悪いよな!?本当ごめん!って意味だったんだねw

2人が誤解だったってわかって、ちょっとガッカリしてる自分もいるとこが 諸星くん人間らしくていいんだよねw

主将、ゴリ男だから当然フリーかと思いきや

ここに来て彼女いるの確定

wwww

いやもう自分も諸星くんも「その可能性は考えなかった」って顔したよねww

ここで諸星くんがテンパって「主将にはお付き合いしてる方がいた」「だからどうかこの恋は諦めてくれないか」って言うとこも、いいんだよねw

そうすれば自分が塚本くんと付き合えるとか そういうんじゃなくて、「僕は君を幸せにしたい」「苦しんでほしくない」って純粋に思ってるのが伝わってくるね。。

突然ちゅーして

「僕は君とのキスをアクシデントで済ませたりはしない!」

ってこの王子独特(?)の口説き文句ww最高!!

ここで主将が「あのチケット、手配してくれたのは諸星なんだ」ってネタばらししてくれてよかったなあと思ったよ

塚本くんは最初、柔道部に入ったり、告白する気とか全くなくて見てるだけで終わろうとしてた→

それを「一緒に頑張ろう!」って言ったのは諸星くんであって

結果、主将には彼女がいることが判明して恋は実らなかった。

諸星くんが責任感じちゃう気持ちわかるなあ<それって全然気にしなくていいことだと思うんだけどね

で、責任感じた王子が「ケジメ」って髪をバッサリ切って ダサ眼鏡かけて

モサ男に変貌www

それは斜め上でびっくりしたよ、王子!ww

「何してんだよ!!」「そんなことされて俺はどうすりゃいいんだ!!」ってキレる塚本くんの気持ちもわかるw

こういうのほんとに難しいよね

「だから人間ってめんどくさい」っていうのがすごい上手く出てた気がするw

どっちも悪くない、どっちの気持もすごいわかると思いながら読んでた

塚本くん「お前がこれをケジメって言うなら・・・俺もケジメつけてくる
主将に・・・告白してくる」

塚本くん強かった・・・!

めっちゃ強いよ。。

もう覚悟を決めた塚本くんの目かっこよかったもん

塚本くん「(告白の返事を)もらったら・・・前に進める」

かっこよすぎたよ・・・

諸星くん「・・・気づいたんだ・・・僕はまともに人を好きになったことがないって・・・
恋愛指南など・・・紛い物だ」

塚本くん「でもいいよ
これからは 俺に使える作戦を俺が教えてやるし・・・」

殺し文句すぎたーーーーーー!!!!

もう、タイトルで終わる終わり方がすごい可愛かった!

昭和のよきかほりでww

ほんとにあんなに頑張ってチケット取ってくれたの知ったらそりゃあ好きになっちゃうよなあって思ったw

描き下ろし、最後までどっちが受けだかわかんねえーーー!!

途中までは普通に塚本くんが受けだと思ってたけど、王子が髪切ったあとはもうわからないw

最後、いつもの王子に戻れてよかった!

2人のエロ見たかった!!

なんかイベントのアンソロとかで(キャラセレ)描いて欲しいw

夏來さん、BABYの話も最高だからねw

なんかおっさんがネイルサロンみたいなとこに行って、(手を)ぐっちゃぐちゃにマッサージされて なんだこれはなんだこれは!!って勃っちゃうお話。(笑)

(徳間書店/夏來ジッポ「がんばれ諸星くん」)

粗チン×ショタコンおじさん【ショートタイプコンプレックス】懐十歩
もーーーー自分この表紙大好きなんです! 帯めっちゃ笑うwww あんまり1枚絵には興味を示さない自分ですがこの表紙は本気で...

電子書籍

ポチっとしていただけると励みになります・・・!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

スポンサーリンク