★著作権について

青年(年下)×吸血鬼【レッドベリルにさよなら 1巻】みちのくアタミ

いやー今回はエロがないという意味でアタミさんとしては気色が違う作品なのですが(1巻ということもあるけど)

新しい一面が見れて面白かったなー!

なんというかアタミさんエロを描かないと禁断症状が出るレベルなのかと思ってたので1巻とはいえエロなしはすごく意外でしたww

めくるとお面(笑)

レッドベリルとはなんか石の名前で、別名赤いエメラルドらしいです。

英語がgood bye,red berylでおしゃれですね!

電子書籍

エロ 

スポンサーリンク

レッドベリルにさよなら

園長先生の

「辛くなったときは笑いなさい それはきっと君を強くしてくれるはずだ」

を信じて小学生から社会人になるまでずっとそうしてきたって昭彦(攻め)強すぎるよね、、

自分だったらツラすぎて笑うなんて無理だよ園長先生ってなるな、、

そうやって頑張って生きてきてもほんと正直者が馬鹿を見るんだよね・・・

(けど もう 頑張れません)が切なくてしょうがなかった

(努力しようとすればするだけ心が殺されていく)

人生って往々にしてそうなるときってあるよね、、

でもそうして来たから和重さん(受け)と出会えたわけです。

和重さん、吸血鬼なので不死身→

鉄パイプ貫通してるのに

昭彦「と、とりあえずそれ抜いたり出来ます・・・?」

って意外と早めの段階で冷静なのワロタ(笑)

身体に貫通してるやつを「(抜けないから)後ろから引っ張れるか?」ってこっちのほうが痛くなるわww

まあ不老不死になれば読みたい漫画ゲームも全部やれてそこそこいいと思うけど

生きることに飽きるよね(笑)

1人大好き人間(インドア、オタク)だったらそこまで支障ないかもしれんが

家族や大切な人がいる人は自分より先に死なれるのはつらい

「だったら俺を殺してくれよ」がそうなるよなあと、、

そうだよねー死なないとしても鉄パイプ貫通して「痛い」って感覚はあるわけだからね・・・ひー

自分だけずっと歳をとらず、嫁も娘も友達もみんな自分より老いて死んでいく

死にたいけど物理的な自殺は出来ない(死ねない)→

血を吸わないで餓死を狙うも極限まで飢えたらきっと人間を襲ってしまう、

それがイヤだから血パック飲んで生きたくなくても生きるしかないって一言で言うと詰み状態

残酷だ、、

普通に言ってるけどこれ辛いよー痛かったでしょう、、

師夏(もろなつと読む)もアタミさんの漫画では新しい感じのキャラだったよねー!とってもよかった!

読んでて「この作家さんこんな引き出しが!」って新しいタイプのキャラ見れたとき嬉しいよなー

和重さん、なまじ長生きしてるからか(?)「お前さん」ってかわいいww BJw

和重さんあの血パックどうやって調達してるんだろう。お医者さんに融通きかしてもらってんのかな。

エロは(だめだ、こんな・・・

ドアの向こうには和重さんがいるのに・・・)(※トイレ)

がありますよ!!

あとむかしのお話なのでトイレが和式です(笑)

和重さん「おいまだか?俺も用足したいんだが」って言われて

パタパタ(換気しようとしてる)ワロタww

(どうかバレてませんよーに・・・!)→結局バレてるかわいいw匂いでバレるって超絶恥ずかしいんだがww

当然のように「じゃあ出る時閉めてってくれ」って家のカギを渡されたら嬉しいよね~

あー信用されてるんだなーって

和重さんは普通のご飯食べても、血以外は栄養にならないのかな?

和重さんを吸血鬼にした張本人(将門)が、

「彼、そう(餌)なんだろ?」って聞いてきて人殺しそうな目で和重さん「あいつはそんなんじゃない」のシーンよかった!

髪の毛の影があるとそれだけでめちゃくちゃ丁寧に描かれてる印象になりますよね、、

そうか黒い傘させば日中でも出かけられるの可愛いですね

やっぱ日光に当たると溶けて死んじゃうんだな、、

和重さん「ところでこないだお前さんトイレで何してた?」

wwww

見て見ぬふりしてあげてくれww

回想、和重さん優しい人でね~

でも「お前に血をもらえなかったらオレは本当に死んでしまう」なんて言われたらね~わかんないよね

和重さん「(こいつヤバい奴だわ)いやいや勝手に死んどけよ!」と思える人だったらまた運命が違ってたよね(笑)

不老不死になるってこれほど「運命が変わる」の最上級もないですよね

血を吸うシーンは万国共通でエロい!

「うっかり飲みすぎてしまってね」で不老にされたらたまったもんじゃないよなあ~

日中歩けなくなるから家族と過ごすのにも支障が出るってレベルじゃないし

そりゃ和重さん「なん・・・だと・・・?」だよね

その後、奥さんが死に、娘が死ぬまで、どうやって暮らしてきたのかな。

家族も「なんでお父さん老けないの?」ってなるし、

回想から見るに全部話して受け入れてくれてたんだろね。泣ける、、

将門「こうやって人間のふりをしていても意味なんてないだろう」

和重「俺は心まで化物になるつもりはない」

がもう、、

将門「だったらお前も同じようにあの男を仲間にすりゃいいじゃないか」

が酷だよね~(笑)まさに外道

というかこんな感じで将門が噛みまくれば吸血大国日本が出来上がるのでは?そうはしないのか(笑)

喉を切って大量出血させる→攻めが助けに来る→飢えてる状態なので無理矢理襲うように仕向ける

もう何よりも「痛い」だよねこれ 痛いよ、、

こんな痛い思いを何回繰り返してきたんだろうって思う、、

今(血を)飲んだらお前さんを殺してしまう→

昭彦「それでもいいです。」って。がついてるのがww

和重さんにとっては、将門はマジで嫌いな奴100%で話してるだけなのに、

昭彦(あの人は僕の知らない和重さんを知ってるんだ)って嫉妬しちゃうのかわいいw

ここで施設の園長が他の子の看病してて嫉妬したときのエピソードが響きますよね~

あららららら寸止めで終了!!盛り上がってきたところで終了!!

ってことは今月号のDariaで進展があるのかしら?

通販で買うかと思って買ってくるの忘れた(笑)

将門と師夏はこれからどんな風に絡んでくるんだろう

この2人のエロもあるのかな?(笑)

吸血鬼同士でお互いに血吸うのはどうなんだろう?

そしたら人を襲わずに永久機関の完成だが・・・

そして1話の冒頭が「小林家之墓」になってるので、和重さんは結局昭彦のことを噛まずに、昭彦が先に逝ってしまうんだろうか

描き下ろし和重さん喫茶店で働いてるの可愛かった

昭彦「えっ喫茶店?へえ・・・わあ・・・?大丈夫・・・?」

www

ちゃっかりお店に将門と師夏いるのがワロタ

あ、血液パックは裏ルートで通常の倍以上で買い取っているとのことでした(笑)えー大変だよー、、だからボロ屋に住んでるのか。

世界線が変わってたら血買うお金を稼ぐためにウリしてるみたいな未来もあったかも(笑)妄想がよぎった

いやーーーほんとに昭彦がまさかの18歳28歳くらいに見えたよね(笑)

1巻はお話がゆっくり進み、淡々としてる感じかな。

あとがき読むと確かに他の作品を比べて絵が淡いタッチになってるかもしれない!

えーこんくらいの流血でも釘刺されるのかーって思った(笑)

OPERAだったら「もっとドバドバしていいですよ」ってなってた

そして衝撃なんだけどアタミさん1月1日生まれなんだ・・・スゲー(笑)元旦生まれの人、二次元キャラ以外では初めて見た!

あと、お店のモブキャラの太いおっさんとか細いオッサン、ショタ、ばーちゃんまで多才だなーと思ったよー

今から和重さんのエロ見れるの楽しみ!!

(フロンティアワークス/みちのくアタミ「レッドベリルにさよなら(1)」)

電子書籍

ポチっとしていただけると励みになります・・・!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

スポンサーリンク