★著作権について

うれし汁【恋するインテリジェンス3巻】丹下道

回を重ねるごとに分厚くなっていくN国N田町官僚シリーズである。

どんどん厚くなっていってるけどこれ1巻から3巻まで値段変わんないのかな?と思ったら微妙に30円くらいずつ高くなってたwww

4巻も期待ですね!

あとファンブック待ってます。

新ジャンルエロ【恋するインテリジェンス1巻】丹下道
インテリジェンスは、普段の自分だったら間違いなくジャケ買いしないような表紙です。 真面目でシリアスっぽくてエロ少なそうと予想できるから...
ぶっ飛び丹下ワールド【恋するインテリジェンス2巻】丹下道
もはや、1冊目に<1>の表記がついていなくても、 2巻が出るのが当たり前のようになってきたBL業界である。 前巻のエロが...
恋するインテリジェンス2巻の例のシーンについて、正解発表のお知らせ
「例のシーン」とは、丹下節がここぞと輝く 断面図ともちょっと違う、 体内図 のことである。 これね。 ...

電子書籍

エロ ★★★★★★

スポンサーリンク

恋するインテリジェンス3巻

Call me PAPA(円パパ)&
数式は鷹に恋をする2(土門×円ちゃん)

各地で泣けたと噂の円パパ過去話。

「まさかインテリジェンスで泣くなんて」はほんとで泣けました。

丹下さんの描くショタっ子キャラすんごい可愛い。ショタっ子も可愛く描くって意外

円パパ過去編見ると土門が憎く見えてくるから不思議(本気じゃないですw

「こうしょうのために使おうと~」のくだり何回見ても泣ける、
「れっせい」なんて言葉をどこで覚えたの

image

子供時代ずるくて本当に可愛かった

また限定版ゴミ箱に捨てられてるの見て悲しそうな顔する円パパがさ~

でも麻酔銃ww

今日だけじゃなく永遠に失礼ww

円パパのリアル息子円溺愛なパパに嫉妬したりしないのかな?

リアル息子ちゃんと出てきてたっけ?これからかな?

インテリジェンス毎回読むたびに思うけどみかちゃんフォントみたいな文字なんなんだよと思って笑うwww

font

「おまえと付き合っているという事実がいったい俺にどんなダメージを与えられるって?」

の円ちゃんかっこよかった!

やるなーって思ったし土門も円ちゃんのこういうとこに惚れたんだろうなーって思ったしそりゃ惚れ直すわーってなったw

まだみんなに付き合ってるって言ってなかったんだっけ?

これで公認になれて公認好きの自分がハッピー

っていうかリンクス3月号円パパと土門のメールのやり取り収録されてないの嘘やん。

4巻になるのか??あれ死ぬほど笑えたのに

あれLINEで再現する気満々でめっちゃ準備してたのに!!

こんな風に

LINE風のやりとりも

書くことが

できるんですよ!

コピペも可能

何パンしゃぶしゃぶwww

これ「君の先輩たちが~」ってどゆこと??伏線??TCBCのこと言ってるんじゃないよね??

★4/3追記
リアルN国で起こったリアル事件のパロだと教えていただきました!

1ページ前までシリアスだったのにどこで何がおかしくなってしゃぶしゃぶになったのか全くわからなくてこれは丹下さんの才能だな~と思ってめっちゃ笑った

パンツしゃぶしゃぶで前編終わってるから

これ雑誌でリアルタイムで見てた人ざわ・・・ざわ・・・どころじゃなかったじゃんと思って本当に笑った

差形くん優秀だなー!若干くせっ毛が激しいけどかっこいいわー

腸骨稜とは。

the-human-body-1279964_960_720

そんで円ちゃんが変態の偉い人に嵌められてなんかいろいろされちゃうんだけど、

この変態おっさんども力でねじ伏せないっていうか、
ほんとにエロおやじの域で止まってるから和むなと思ったww

みんなで押さえつけて強引に突っ込むとかじゃなくて、

スカート履かせてハシゴ登らせるって平和かよと思って。

image

小学生www

このへんは丹下さん安心感あるなー。

本当の陵辱には絶対持ってかないもんね。

ちゃんとあ、それ以上ヤバイってとこで土門来てくれたしww

見開き車突っ込みほんとに笑ってしまった、

大層なオブジェ的なものにぶつかってるけど車のほう大破しないのwww

土門のスーパー攻め様パワーだなと思ったしもちろん髪も乱れないです。

窓全部ぶっ壊しといて「夜分遅くに申し訳ありません」死ぬほど笑った、全てがシュール

ちゃんと盗られたパンツ持って帰るの忘れない円ちゃん可愛かった!

undies-150644_960_720
こんなの

土門が円パパにグサグサくることを言うのは親バカいい加減にしろのほうが強いかと思ってたら

男として劣等感を感じてるからその裏返しって、

「これでまた彼に遅れをとってしまった」って台詞すっごく好きだった。

土門可愛いなーと思ってw

素直になれなくて一言多く言っちゃうんだねww

「おまえは俺に何をしても許される」

って究極の台詞じゃない!?

この信頼感何!?

頭がひっくり返るほど燃えた

あのプロポーズシーンRECしといて円パパに見せたほうがいいのでは。

それか円パパの前でやったほうがよかったのでは。倒れて入院なっちゃうか

円ちゃん「痕つけないで」

土門「俺以外の誰がおまえの裸を見るというんだ」

円ちゃん「普通に父さんとかだよ」

爆発

image
KING OF OWATA

華麗に一番アカン爆撃を落としていく円ちゃん面白すぎた、

あの円パパに見られてるシチュプレイ(?)は自分パパ本人じゃないけど罪悪感がヤバかったねwww

image

いたたまれなさがヤバかったwww

円ちゃんの精神的ダメージww

これを全力でやりきるのすごいww

だってこれさーパパ過去編が一番最後に収録されてたらまだあれだけど

過去編見たあとだからねこれww

もういたたまれないんだか笑うんだか

だんだんわかんなくなってくるんだけどなんで土門はこんなに円パパ見せつけプレイ台詞が流暢に出てくるのと思って笑いすぎて死ぬかと思った

中で出すのは許可制ww許可とるほうがエロい

あのエロおやじどもは逮捕(??)されちゃったのでこれからもう一波乱くらいありそうですね。

土門が大変な目に合わないといいです。

初恋のシュヴァルツリステ(鷹見×楚和課長)

この攻め(鷹見さん)のビジュアル好きだった!が!ところどころ野性的!

部屋が明るくなった時の楚和課長の心境を表現するとそのまま心臓発作で逝去しそうな勢いだったと思う

恋するインテリジェンス2巻の例のシーンについて、正解発表のお知らせ
「例のシーン」とは、丹下節がここぞと輝く 断面図ともちょっと違う、 体内図 のことである。 これね。 ...

丹下さんのち○こ(主に透明)体内描写は相変わらずだったが、

ちょっとグロ注意みたいになってたねwww

image

汁が泡立ってる(?)のがww

なんかチョコバナナとか安っぽいことは言いたくないがチョコでコーティングされてるみたいになっとった

前立腺の表現が

「これは医療漫画か?」

ってBL界の手塚○虫なのか?みたいになってました、

「誰のペニスが君のお尻に入っているんだ?」のところ完全医療漫画だったよねー!リアルか

えっと人体模型の内部構造ってこんなんでしたっけ??って自分の中の人体の構造がゲシュタルト崩壊

うれし汁???

嬉しい汁のことみたいです。

image

丹下さんの台詞は躍動感あるね~!!テンポがいいよね!

なんか「ヤってるところ見せてくれ」って言う人って100%インポだよなと思ったら

先生もやっぱりインポだったwしかも

「そのおかげで他の男に抱きつぶされて敏感になった美しい男の身体を愛でる新しい喜びを(略)」

ってポジティブインポおじさんだった

でもインポのおっさんって触ってきても絶対勃たないから絶対突っ込まれることはないって安心感はあるよなー

「ずっと帰ってこなかったくせに」ってねちねち言っちゃう課長可愛いかったww

よかったよ初めてが鷹見さんで!

「さっきのが初めてだった」って聞いて

「はあ~くそぉあんなあっさり・・・もっとゆっくり(略)」

って落ち込む鷹見さんも可愛かったよねww

Wシントン、Aメリカ、Iタリアとは

インテリジェンスは

「次はどんな交渉材料が出てくるのかな??」

ってところも魅力である。官僚漫画らしく(笑)駆け引き

Cupid film(描き下ろし)

はーーーー秋草室長

めっっちゃ好みのタイプの受けだった!!(※確定してません)

image

これはヤバイ!! 眼帯、ヒゲ、キレる頭!!

海賊上がりなのこの人??パ○レーツオブカリビアンの人??

自分の好きな要素しかなかった。

もう眞御ちゃんのこと呼び捨てな時点で好きだった

こういうキャラこそインポだったりすると萌えるんですけどね~

こう幸せラブラブカップルを引っ掻き回すのが趣味みたいな人好きです。

お前が想像もしてなかったことされて大変な目にあえばいいのにって受けにしたくなる。

室長がそのいっぱい持ってる薬何かの手違いで自分で飲んじゃえばいいじゃんって。

「おまえみたいに(媚薬に)耐性のあるヤツでもちゃんと効くか調べようと思ってたからちょうどよかったわ」とか、

「各TC呼びつけてお持ち帰りさせるから気をつけろよ」とか、優しいよね??

適当に眠らせて自分で好き勝手するヤリチンじゃないんだー・・・と思って萌えた・・・

「アイコンタクトが不愉快」(すぐ気づく)とか彼の台詞の全部が好きだった・・・

職権乱用しちゃうところが可愛い。

悪意ある合成写真www

image

メイン2人は

さ~て今週の針生主任と眞御ちゃんは?

って感じに毎度なってるけどハメ撮りwww

これビデオを完全に2人で一緒に見る体で撮るの新しくて面白かった。これは非常に萌えるので流行ってほしいと思った

インテリジェンスのキャラで一番変態入ってるの針生主任だよね、

「眞御ちゃんの唾液は今日も甘くて美味しいね」とか言ってるし

眞御ちゃんが食ったトマト2巻で食ってたしww

tomato-310176_960_720

眞御ちゃんチャックからち○こだけ出てるとこシュールだった

最初棒が透明だったから

えっ!?何が起こってるの!?

って5秒くらい見つめてやっとわかったww

「眞御ちゃん、眞御ちゃん、(ち○こ)出てるよ、いいの?」wwww

「おまえは俺のだもんね」
「中出ししてやった」
に非常に萌えた

nowの眞御ちゃんとやってるのに、後日このビデオを見るであろう眞御ちゃんに向かって

「ばいばい、愛してるよ」

ってカメラの電源切るところがもう・・・

インテリジェンスの世界って「おまえ」って言う時「お前」じゃなくてひらがななんですよね、萌え

image
これはN田町じゃなくてKヶ関だが。
前にお父さんが虎ノ門の病院に入院していたので、
この辺の地下に秘密組織があるのかーって観察しに来たのだ。

インテリジェンスの読者層(腐女子)がこの世界に入ったらって想像すると面白いと思う、みんな

「えっ!?針生主任ですか!!?えっ本物!?あっ眞御ちゃん!!」

ってなって「あ、どうぞ実習してください」ってみんな適当に好きカプのところ行ってガン見

みんなで観光ww

自分は円パパが毎日害虫とどんなメールしてるか全部盗み見たい

とりあえず言いたいことはインテリジェンスのファンブックすごい出て欲しい

多分この先10巻くらいまで続くだろうから、

全キャラプロフィールちゃんと網羅されてるやつ

キャラ多すぎてみんなの名前ちゃんと覚えられないので次巻以降ファンブック見ながら読みたい

あと、巷で流行りの「@@検定」「インテリジェンス検定」が出てきても全くおかしくないねww

desk-312591_960_720

そして武笠×深津連載も決定しているようでおめでとうございます!

ということはこの2人入る♂のが確定しましたね!

武深ファンの方おめでとうございます!やっぱり好きなキャラは応援すると形になるね~~~!

主に武笠の巨根で深津くんが苦労する話になりそう、馬コンドームだからww

horse-1181534_960_720

深津くん完全金持ちかと思ってたら夕飯味噌汁1杯って嘘じゃんね、

見てるほうが悲しくなるやつだった・・

というかここで働いてる人たち金持ちしかいないのかと思ってたww

「空腹で立ちくらみがする」ってもうほんとに悲しくてさ~~~

もう仕事ちゃんとしなくていいからとにかくちゃんと食べてほしいと思った。お昼はどうしてんだろ??倒れちゃうよ~

武笠分析官には一刻も早く深津くんが無理してるって気づいてもらってまずご飯を腹いっぱい食べさせてあげてほしい。

3巻は丹下さんの描き分けというか、多才なところに感心する巻であった。鷹見みたいなキャラとショタっ子。

CdQTKSbUUAAfYg9

えーとリンクス7月号(2ヶ月先)でインテリジェンスの小冊子全サがあって、

それは、読者からどのカプが見たいか募集して一番リクエストの多かったカプを描くんだけど、

リンクス3月号(発売中)「リクエスト募集してまーす!!送ってねー!!」って告知がありました。

しかし!今回コミックスの帯にはそのこと何にも書かれてなかったので、

えっ単行本では募集なし!?雑誌ユーザーの意見のみ!?

それじゃあんまり集まらないのでは?と思ってたんだけど(コミックス派と雑誌派の比率わからないけど)

あとがきにすんげぇちっちゃく書いてあった宛先(笑)

自分は

  • 秋草室長の受け
  • 神子主幹(ツインテ)の私生活
  • 円パパの日常

って書いて圏外に落とされるやつです。もはやカプではないw

眞御ちゃんと針生主任にはならない気がするなーこの2人毎巻エロ入ってるから、脇カプ強しになりそうww

しかし丹下さんのあとがきは今後の予定を書いてくれるから非常に助かります。このスタイルもっといろんな人がやってほしいw

「武笠が!!ついに!!やりました!!」って丹下さんが一番嬉しそうで和んだ(笑)

image

小冊子もだけどリンクス5月号連動全サペーパーもあります。

前回、リンクス本誌が手に入らなくて難民になったので予約をオススメします。(買うの遅かったからだけど)

前回は発送がとっても早くて好感が持てましたよー。

電子書籍

ポチっとしていただけると励みになります・・・!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

スポンサーリンク