★著作権について

お前と踊りたい【DANCING COLORS】フルカワタスク

これは、ポールダンサーのお話です。

10DANCEと違うのは、ちゃんとエロがあるところかw

ポールダンスって実際には見たことないけど、何歳くらいまで現役いけるんだろな

結構長く踊れるもんなのかしら。

電子書籍

エロ ★★★

オススメ度 ★★★★★

スポンサーリンク

DANCING COLORS

攻めは、顔に火傷痕があります。

正直言って傷痕とか欠損って好きなのだが、絶対傷があるほうが受けでしょと思ってたの!

そしたらで驚きました。

003

年下攻めがメジャーになってきたのもあり、
最近、新刊を読んでいて「こっちが下だろうな」っていうのを外したことがなかったので、逆にすっごく新鮮でした

やられたと思ってw

これまたやらしーのが、帯にキャラ説明あるのに、

どっちが受けか攻めか書いてないんだよ!!

005

いや、帯だけ見ると受けのが攻めっぽく見えるよね?w

しかし、この作品においては
あえてどっちがどっちなのか書かなかったのは正解だったと思う。

エロを楽しむんじゃなくて、世界観を楽しむ作品なので、
どっちが上か下かはさほど重要ではない。

まあ、表をよく見てみたら堅物×ビッチってちゃんと書いてあったのだが。

これほどonBLUEと相性ぴったりな作品もない。

雑誌の系統にすっごく合ってるなと!w

002

受けが、最初すっげー嫌な奴100%で出てきてくれたのがよかった。

いろいろ舐め腐ってチャラチャラしてんのに、受けなんだよ!

攻めの踊ってるところを見て認めたくないけど感動して、プライドを捨てて「教えてほしい」って言うんだけど

一緒に練習したり、お店のみんなにも認められるようになってからも
口が悪かったり生意気なところは変わらないんだよね!

これがしおらしくなってたらガッカリだったので、最後までブレずにいてくれて嬉しかった。

1個のポールで2人で踊れるのか??ぶつかっちゃわないのか??

と思って「ポールダンス 2人 男」などで調べてみたのだが、うまい具合にやってました。すごいです。世の中にはいろんな分野のプロがいるなあ

衣装すごいエロいよね~フルカワさんの淡い絵柄だと、
きっとスケスケだぜ!な衣装なんだろうな~って印象を受けるw

ちょっとフィギュアスケートっぽいですよね。実際にはレザーとかかな。

004

えーこの攻めは鬱、強迫神経症、統失、解離性障害の気があります。

踊らなきゃ、踊らなきゃ、1位でいなきゃ、と思って薬なしじゃいられなくなっちゃったのね。

ものすごい心に負荷がかかってて、たまに記憶飛ぶし、幻覚も見える(笑)

最初は受けのほうから「あんたみたいになりたい」って言ってきて、自分のほうが上だったはずなのに、

教えていくうちに、受けの才能というか持ってるものに気づいて
だんだん攻めのほうが「こいつに自分の居場所を奪われるんじゃないか」って不安になってくのね。

そういう弱い部分にすごく萌えてしまった・・・

受けが現れたことにより自分の存在価値が否定されるようになるが、
それを乗り越えられたのもまた受けがいたからなんですね。

どんなメンヘラ漫画だよ!と思うかもしれないけどちょっと盛りました。

そんなに暗くはないし、受けのおかげでちゃんと治ってくから大丈夫です。

006

こういうダンスもの(?)を描くには、
体の構造をよくわかっていないと描けないと思うので、

そのチャレンジ精神がすごかったしそれに見合う画力が素晴らしかったです。

引きの全身図は「ん?短足?」って思うとこもあったけど(笑)2話の扉とか

色っぽい筋肉肉体美でした!

2人で一緒にショーに出るようになって、

ふっとソファで寝てる受けを見て攻めが「いい身体になってきたな・・・」って思うところがあるんだけど、

それが全然いやらしくないんだよ!

いや、やらしいことをしようとしてるんだけどこの作品において、このときこのモノローグは全然不自然じゃないしエロティックなものを感じさせないのです。

身体を触って、ああいい身体になってきたな~って思ったとき、そこで初めてぞくっとするんだもん!

触ったから興奮したわけじゃないんだよ!

露出が多い職業って、エロと日常の境目が曖昧なところがいいですね。

008

天を向いた息子様をライトセーバー風に表現しているところが多々あるのですが、

この淡い世界観における突然のライトセーバーは、どうしても笑けてくるので、

チンが存在しない風で表現したほうがよかったと思う。

白くくり抜かないでただトーンがそこにあるだけで。

「ここに勃起したち○こがないのはおかしい!」って言う野暮も奴はいないだろうw

もう最後の1ページがぐっとくる。

今までショーに出る時は、火傷を隠す衣装だったのに

それをあえて見せつけるみたいに、短髪にして舞台に立つんですよね。

そのもう受けがいるから隠す必要ないって強い意思が伝わってくるのと、
2人で乗り越えた感がね・・・

ああ・・・熟年夫婦・・・と思って・・・

あ~

攻め、絶対短髪のほうが似合う!すごい攻めっぽくなった!wwかっこいいです。

コンプレックスをさらけ出して堂々としてる人は、見てて清々しいしかっこいいよね。

向こう(海外)では「わしらはカップルダンサーです」って公言してたらいいのになーw

そしたら、悪い虫がつかないじゃん!w

攻めに腕に入ってるのは羽根の刺青かな??鳥みたいに宙で自在に踊れるように的な。

店長も良いキャラしてましたね!魔性の50歳www

店長とお父さんはどんな関係だったのかな。ただの友達な間柄だったのかな・・?

ちょっと駆け足かな?と思った部分もあったけど、
エロあり、シナリオあり、明るいだけじゃなく暗い部分もありで、

自分の語彙力では良さを上手く表現することができないが、
独特の雰囲気と空気が、とても好きでした。

えっこの2人のショー実際に見に行けないの!?って軽く絶望して辛くなってくるレベル。

そうそう、が出てくるなら外せない、ポールでシコッティなシーンもありましたね!

練習で攻めに身体を触られて(性的な意味でない)、興奮して擦り付けちゃうんだよーw

ポールダンスものと聞いて、真っ先に思ったのが棒を使うセルフシーンはあるのか!?だったので、自分の中のエロ欲が満たされてよかったです。

電子書籍

ポチっとしていただけると励みになります・・・!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

スポンサーリンク